【お金のかからない葬儀】慌てないようにお金がない人の葬儀を事前確認

お金のかからない葬儀を知らない方は少なくはなく同じくして葬儀費用がないと悩む方も多いのが現実です。
多くの人がお葬式をイメージするとたくさんの参列者を呼びお通夜をして告別式をする葬儀を思い浮かべるでしょう。

 

いわゆる一般葬と呼ばれるもので葬儀にかかるお金も数百万円にもなります。
しかし今は葬儀規模を小さくしお金のかからない葬儀プランも各葬儀社によって用意されるようになっています。

 

いざお葬式をする際に慌てることがないように事前にお金のかからない葬儀について知っておくことは喪主を務める方はもちろんご遺族のためになるでしょう。

 

お金のかからない葬儀

 

お金のかからない葬儀【目次】

一番お金のかからない葬儀は直葬

お金のかからない葬儀

 

費用のかからない葬儀でまず思い当たるのが、一般の弔問者を募らず遺族やごく親しい知人だけで葬儀を行う家族葬で、近年増加の傾向があります。

 

参列者の数が少ないため葬儀費用は抑えられます。
さらに費用を抑える葬儀の形式としては、直葬があります。

 

経済的な理由で葬儀の費用をなるべく抑えたい、または故人の遺志で葬儀を行ないたくない場合はこの形式を選択することもできます。

 

しかし、費用は抑えたいが直葬ではあまりに物足りないと感じる方には、通夜を省略して告別式と火葬だけを行う一日葬を選択する方法もあります。
その他には本人が生きているうちに行う生前葬という形式もあります。

 

これは、お世話になった人や、親しい友人をお別れ会やパーティのような形式でお招きして、お礼をしたり感謝の気持ちを伝えたりする方法です。
この場合は予算に合わせた自由な方法が選択でき、規模を小さくすれば30万円程で行えます。

 

お金のかからない葬儀はこのように家族葬、一日葬、直葬の3つのプランに絞られるでしょう。
その中でも一番お金のかからない葬儀は直葬になります。

 

直葬は葬儀を行うために必要最低限の費用で抑えられる

お金のかからない葬儀

 

葬儀の形式は大きく2つに分かれます。

 

葬儀告別式を行うものと、火葬と拾骨だけを行う直葬というものです。

 

直葬は、火葬炉の前で親族が少しの間お別れをした後、火葬を行い、拾骨をするという、一番簡略化された形式の葬儀です。
火葬の費用は地域によって違いますが(0〜5万)総額で20万円程かかります。

 

葬儀告別式を行う形式で、自宅などでなるべく簡素に行う場合では40〜50万円程になります。

 

一般葬と直葬の葬儀費用を比較

お金のかからない葬儀

 

一般的なお葬式にかかる費用には、主に葬儀一式費用、寺院費用、飲食接待費用の3種類があります。

 

葬儀一式費用とは、祭壇、棺、位牌、人件費、遺影写真、寝台車、霊柩車など葬儀を行うにあたって必要になる基本的な費用のことで、よく葬儀社で○○パックなどと呼ばれる物がこれにあたります。

 

寺院費用とは僧侶の方へのお礼の費用です。
主にお布施、戒名料、お車料、御膳料などが含まれます。

 

お布施の額は特に決まっておらず、僧侶の人数にもよりますが、15万円〜20万円前後かかります。
戒名料は一般的なランクである信士(信女)で20〜30万円になります。

 

その上のランクである院、居士などの戒名になりますと、最低でも50万円以上になります。
飲食接待費用とは、参列していただいた方のお通夜や葬儀後の飲食費、香典返しなどの費用です。

 

なので参列者の人数や料理の値段によって変わってきます。
これらの3種類の費用を合計すると、近年では平均で190万円ほどかかると言われています。

 

 

直葬であれば20万円ほどで葬儀を行うことができることを考えると一般葬と比べ費用の負担が少なるのが分かりますね。

 

直葬するなら知っておきたいデメリットとは?

直接的に火葬場に直行になる直葬ですが、当然ながら葬儀費用を安く済ませることができます。
そこが最大のメリットといっても過言ではないのですが、デメリットもあります。

 

一つはしかるべき方法で葬式をしていない、と言うことがある点でしょう。
親戚などがいないのであればそれを追求される事はありませんから、周りから葬式をしなかった人、と言われることがあります。

 

儀式的なことを殆どしないと言う事になりますから心理的に自分はキチンと供養していないのではないかということを思い悩む人もいます
あまりそのあたりのことを気にしないと言うのであればよいのですが人から何かしら言われたりすることはある場合もあるということです。

 

直葬の場合によくある納骨のトラブルとは?

直葬では自分たちが基本的に納得しているのであれば問題になることはないのですが、納骨の際にトラブルとして起こりやすいことがあります。
特に菩提寺などがある場合において、葬式をしない、ということで納骨のときに何かしら言われることがあります。

 

そもそも檀家であるということは葬式などのときにそこの寺から住職を呼んでと言うことがある意味では約束しているような状況となっています。
しかしお坊さんを呼ばず直葬をしたわけですからそれについて何か言われることがあります。

 

改めて寺のほうで儀式をしましょう!と言われることもあります。
結果的に費用がかかりお金がかからない葬儀として直葬を選らんだはずなのに追加料金の発生にもなりかねません。

 

改めて寺で儀式をと言う事まで言われなくても納骨の時に何かしらすると言う事はありますから、覚悟はしておいたほうがよいでしょう。
かなり厳格な寺ではそういうやり方では、納骨を拒否することもあるくらいなのです

 

直葬はどこの葬儀社でも対応してくれる?

確実にどこでもと言うわけでもないのですが直葬は多くの葬儀社が対応してくれます。

 

直葬は通夜式や告別式などを行わないものでありそのまま火葬場へと言うような形になります。
ですからはっきりといってしまうと葬儀社にあまり利益がないものであるといえます。

 

葬儀社の儲けが少ないという現実的な理由から直葬プランを請け負っていないところも事実あるので事前確認はするようにしましょう。

 

お金のかからない葬儀の一日葬のスケジュールや流れ

お金のかからない葬儀

 

一日葬を選択した場合の流れとスケジュールを説明します。
まず一日目としては、葬儀社を決めて連絡をいれるところから始めます。

 

連絡後すぐに葬儀社側からご遺体のお迎えがあります。
ご遺体を自宅か斎場に安置した後は葬儀社と葬儀内容の打ち合わせを行います。

 

また死亡届を提出し火葬許可証の手続きをするのも忘れないようにします。

 

二日目では納棺後に告別式を行います。
式中に初七日法要を一緒にすることも多いのが一日葬の特徴でもあります。

 

そして出棺、火葬を行い終了になるというのが大まかな流れです。

 

一日葬に必要な費用や相場はいくら?

一日葬に必要な費用は大きく分けて4つあります。

 

火葬料や斎場の利用料などの施設費、葬儀者に支払うお金、飲食接待費、そしてお布施です。

 

一日葬にかかる費用の相場はトータルで40〜50万円前後とされています。
一般葬で行われるお通夜を省く葬儀スタイルであるため葬儀費用を安く抑えることができます。

 

 

一日葬をするなら知っておきたいデメリットはある?

一日葬には費用が抑えられ通常のお葬式より短時間で終わるなどのメリットがありますが、逆にデメリットがあるのも事実です。
一日葬をした場合のデメリットを紹介します。

 

@お別れの時間が短い
一日葬では通夜をせずに火葬と告別式を同日に行います。そのためお葬式にかかる時間も短く、喪主や遺族側の精神的負担も減ります。
反面故人と過ごす最期の時間が少なくなってしまいます。

 

一日に全て詰め込むためタイトなスケジュールになり、全体的にバタバタと慌ただしくなってしまうでしょう。
参列者同士で故人との思い出話をする時間もほとんどありません。

 

A葬儀後の弔問客が多くなる
通常は通夜に葬儀・告別式に出られない人が多く弔問します。
なので日中に執り行われる葬儀では参列者が限られてしまいます。
よって葬儀に来られなかった人が後日自宅に来ることが考えられます。

 

B親族から反対される場合もある
一日葬は実際にはまだあまり広く知られていません。
親族側から反対されることも想定されるため、事前に一日葬にしたい理由を説明するなどして了承を得ておきましょう。

 

Cお寺から断られるケースがある
一日葬は割と新しい葬儀のかたちなので、お寺によっては通夜を行わないスタイルは受けて入れてもらえず拒否されることがあります。
先祖代々お世話になっているお寺がある場合はきちんと確認を行いましょう。

 

病院で紹介される葬儀社は高いと聞くけど本当?

病院から紹介される葬儀社へ、葬儀の依頼をすると、葬儀費用は比較的高くなります。
理由は、葬儀費用の中に紹介手数料が含まれているためです

 

病院から紹介される葬儀社は、病院へ紹介の謝礼金を支払っています。
謝礼金の支払い額が含まれることで、個人で葬儀社へ依頼するよりも高くなるのです。

 

紹介料の分の支払いを避けるためには、依頼する葬儀社を決めておくと良いでしょう。

 

病院から安置所までの遺体搬送だけをお願いすることは可能?

病院から安置所まで遺体を搬送するのは、葬儀社が行う仕事です。
病院の仕事ではないため、病院へは依頼できません。

 

死亡診断書があるばあい、家族が搬送しても良いとされています。

 

しかし、遺体の損傷などを考えると、自分たちで搬送することは避けるべきであるといえるでしょう。
そのため、病院で亡くなった段階で、遺体を安置所まで搬送する葬儀社を決定しなければならないのです

 

病院からの紹介をお断ることは失礼ではない?

病院で亡くなった場合、病院内の霊安室へ搬送され、葬儀社のスタッフから遺族へ声がかかります。
病院にいる葬儀社は、一般的に費用が高く、悪質な業者の場合は勝手に搬送し、高額な費用を請求する事例もあるため、注意が必要です。

 

病院から紹介される葬儀社を断ることは可能であり、「依頼先を決めている」と伝えましょう。
葬儀社を決めているケースも珍しくはないため、断ることは不自然でもなく、失礼でもないです。

 

また、信頼できる病院であるため、病院が提携している葬儀社であれば信用できるということはありません。
病院と葬儀社は関係ないため、万が一悪質な葬儀社であっても、病院側は責任をとらないのです。

 

さらに、一見、病院関係者にも見える、白衣を着用した葬儀社もあります。

 

病院が指定している葬儀社であるなどといい、必ず依頼すべきといったニュアンスで契約を使用とする場合もあるため、十分に注意が必要です。
このような対応をする葬儀社は、信用すべきではないともいえます。

 

そのため、事前に葬儀社は決定しておく必要があるでしょう。

 

お金のかからない葬儀

更新履歴