自宅葬の費用相場はどのくらい?特徴や流れと知っておきたいデメリット

自宅葬

 

住宅事情やプライバシーなどの問題で、現在は斎場などで行うことが増えた葬儀ですが、かつては自宅でお葬式を営むのは当たり前の事でした。

 

しかし、それは親戚やご近所の助け合いが成立していた時代のことであり、実際にはトラブルも多かったのです。

 

現在のようにビジネスライクに、日常生活への影響を最小限に抑えて外のセレモニーホールなどでお葬式を行えるようになって、ご葬家・喪主さまの負担が大幅に減少してきたともいえるでしょう。

 

 

自宅葬の費用相場は?

自宅葬を執り行う際の費用は、葬儀社に依頼して概ね40~100万円と言われています。

 

全国の平均的な葬儀の価格が150万円とされていますので、それよりも安価ですが、これは会場費がかからないこと、そして会葬者の数を抑えて、飲食にかかる費用が削減できることなどによるものです。

 

自分で手配することで全て執り行う場合にはもう少し少額になるはずですが、葬儀社のプランのパッケージにならないことから、さまざまな割引などが適用されない分だけ祭壇や供花、棺・ドライアイス、料理など、一つ一つは割高になる可能性もあります。

 

その費用対効果、そして差額を比較したうえで、もっとも納得のいくプランを選択するべきでしょう。

 

自宅葬の流れ

まず家具を動かして片付け、掃除を行います。

 

この場合、プライベートスペースに御親戚含め、多くの人が出入りすることになりますので、貴重品などの保管には細心の注意が必要になります。

 

通常の葬儀と同様に、病院などからご遺体を搬送し、納棺を済ませたら、祭壇を組み、葬儀を執り行えるように環境を整えましょう
役所に各種届を出し、司式をお願いするお寺さまや神主さんにご連絡、スケジュールを調整してお通夜・葬儀・告別式を取り決め、料理やお花などを手配します。

 

司式については通常通りの場合と、密葬・家族葬など様々ですが、一度ご自宅に安置してから出棺、火葬、収骨、そして納骨、というプロセスになります。

 

自宅葬の場合には通夜振る舞いや葬儀後の本膳(精進落としの会食)などにも工夫が必要になりますね。

 

小規模でも10数名が一堂に会して食事を摂るのは難しいので、通夜は料理の代わりに多めの会葬御礼をお渡ししておくとか、本膳は火葬場に併設されている斎場の休憩室で用意するか、などの工夫が必要です。

 

自宅葬のメリット

なによりも、自宅葬には「住み慣れた家でゆっくりお別れしたい」というご希望を叶えることができます

 

また、セレモニーホールなどではお通夜〜葬儀に際して傍で一緒に過ごせる時間が限られたり、泊まり込みできる人数に限りがありますが、ご自宅ならそのあたりの采配も喪主さま・ご葬家の皆さまの好きなようにできます。

 

故人さまを中心に、ご家族・ご親族の皆さまで夜遅くまで思い出話をしたり、お酒を酌み交わすなど、存分にお別れができるのも喜ばれる理由ですね。

 

自宅葬の可否

まず葬儀を行うために十分な空間を確保しなければなりません。
ご遺体を安置し、祭壇を置き、ご会葬の皆さまに座っていただく場所も必要になります。

 

昔は平屋が多く、さらに襖や障子を取り払うことで広い空間が作れましたが、現在のように個室を区切った作りの住宅では自宅葬が難しい場合もあります。
また、マンションの場合、エレベーターのサイズや階段の幅などが問題になります。

 

それによっては、実際にお部屋まで棺を運べない場合もあるからです。

 

また、参列していただく方が多い場合、駐車場や部屋の外に受付を設けるなどのスペースの問題、そして式の前後に沢山の方が集まることで、周囲のお宅にご迷惑をおかけする可能性もありますので、相応の配慮が必要になります。

 

このように、自宅葬を行いたいというご希望があっても『不可能な場合がある』ということをまず理解しなければなりません。

 

自宅葬は遺族だけでやるのは大変?葬儀社にお願いするべき?

自宅葬を全てご自分で手配することも可能です。

 

しかし、忙しい時に役所の手配からご遺体の搬送、棺や祭壇、安置用のドライアイスと防水シーツ、骨壺、遺影などの手配、お寺さまへの折衝や火葬場の予約など、やり忘れのないように完ぺきに行うことは難しいでしょう。

 

葬儀社に依頼することで、その段取り全てを任せて、ご葬家の皆さまは故人さまとのお別れに専念できるゆとりが持てます。

 

また、ご遺族だけですべてを執り行うとはいえ、実際には自治会や婦人会、ご近所など様々な人の手助けを借りることで自宅葬は成立するものです。

 

司令塔になるプロがいることで過不足なく、スムーズに物事が流れていきますよ。

 

また、服喪の期間の後の祭壇の始末や、お墓のことなど様々な事象についても相談にのってもらえるので、決して割高というわけではないのです。