家族葬の相場はいくら?実は費用は思ってるよりも安くない?

家族葬

 

家族葬とは、故人の家族とごく身近な親戚の皆さまとでお見送りするお葬式のことです。
近年は故人さまが生前ご希望されたり、故人さまご自身がご高齢で、参列される方が限られている場合などに選ばれることが増えています。

 

小規模に営まれるお葬式ということで、一見、費用的な面でメリットがありそうに見えますが、実はそうでもない、というデータが出ています。

 

 

家族葬の費用は意外と高い!

帝国データバンクが発表した家族葬費用の2017年の平均(関東の一都三県で)は約115万円と算出されています。
同様に算出された一般葬が約150万円とされていますので、『激安』とは言えない金額ですね。

 

100万円以下でパック化されている『家族葬』もありますが、ご遺体の搬送や火葬場の費用、お寺様などへのお布施が入っていなかったり、装花や食事に拘るとオプションで高くついたり、ということにもつながります。

 

家族葬は、一番お金のかからない葬儀である直葬(病院から直接火葬場へ搬送して行う簡素なお見送り)とは違います。
規模(参列者の数や会場の広さ)は小さくても、やり方によっては一般の葬儀と費用面でそれほど違いがあるわけではないのです

 

近年は家族葬を選ぶ遺族が多い理由は?どんなメリットがあるの?

まず、高齢化が進み、故人さまの年齢が高くなったことや、病気療養や高齢者施設などでの生活を経て、社会とのつながりが薄くなった故人さまも増えて、ごく身近なご家族でお見送りをしたい、という方が増えてきました。

 

また、核家族化、そして非婚が進み、人と人とのつながりが薄れていったことによって、あまり規模の大きなお葬式が好まれなくなった、ということもあるかもしれません。

 

しかし、一般の葬儀で段取りに奔走したり、参加してくださるお客様の対応に追われて、故人さまとのお別れがゆっくりできない、というケースもありますので、あえて家族葬を選び、ご家族と、ごく親しいお身内の皆さまだけでゆっくりと送り出したい、というご一族もいらっしゃいます。

 

費用はそれほど安いわけではない、と前述しましたが。
少ない人数で落ち着いてお見送りをするのであれば、故人さまの好みやお見送りされるご家族の希望通りの祭壇のしつらえやお花のお支度などもじっくりとできますね。

 

また、家族葬と密葬は一緒なの?とよく疑問に感じる方も多いのですが厳密に言えば異なります。

 

 

家族葬を希望する場合、参列者はどこまで呼ぶもの?

基本的に『家族葬』であれば、生活をご一緒にされた親子・兄弟を中心に、普段から行き来のあった御親戚までが望ましい規模です。
遠方の方には、訃報と同時に『家族葬で執り行います』と言って参列をご遠慮いただくこともできます。

 

知人・友人に関してはお呼びしないのが普通です。
ただし、故人さまとお互いに“親友”と周囲も認めた方は、絶対にダメ!というわけではありません。

 

『家族葬のありかた』についてはだいぶ認識されてきましたが。
まだ、批判的に考える方もいらっしゃいます。

 

そうした場合には『故人の、生前の意思でしたので』とお伝えすれば、たいていはご納得いただけるようです。

 

しかし、一般的なお葬式であればお声がけするだろうな、という範囲のご関係の方には、きちんと、訃報をお伝えするハガキなどをお送りし、生前のお礼とご挨拶をお伝えしておきましょう。