密葬とはどのような葬儀?葬儀費用の相場や一般的な流れは?

密葬

 

密葬とは、家族・親族や友人など、ごく親しい人が参列して行われるお葬式です。

 

家族葬が小規模のそのお葬式だけですべてを終えるのとは違い、密葬を行った後にお別れ会や社葬など、対外的に規模の大きいお葬式を執り行うことが多いですね。

 

よく、テレビのニュースで『密葬』という言葉が出ると、『後日お別れの会を催す予定とのことです』と言っているのを聞いたことがあるはずです。

 

 

密葬と家族葬の違いってある?

本来の密葬は、このように身内や親しい人たちでお別れをしたあとに、対外的に規模の大きい『本葬』を執り行うという風習があったのです。
しかし、お葬式が簡略化される流れで密葬のみを行う流れが増えてきました。

 

お葬式を家族と親しい人たちのみで執り行う、それが今の『家族葬』という言葉とスタイルにつながっているのです。

 

家族葬では、通知を受けた時には既に葬儀が終わっており、長年の友人やお世話になった方であっても、きちんとお別れすることができないままになってしまう、というケースもありますが、密葬では規模はそれぞれでも本葬やお別れ会を催して、お礼やご挨拶をしてお見送りをすることになるのです

 

密葬の一般的な流れは?後日に本葬を行う?

密葬は、ご家族・ご親族、親しいお友達などごく少数で執り行うお葬式です。
それ自体は、家族葬とほぼ同義ですが、厳密にはそのあとが異なります。

 

たとえば、社会的によく知られた著名人や企業の幹部、政治家の方などが亡くなると、参列者の数も膨れ上がることが予想されますね。
大きな会場で、沢山の方をお迎えして『本葬』を行うのは準備に手間と時間がかかります。

 

しかし、ご遺体の状態や火葬など、時間的にもリミットが区切られている中で、そのお支度をすべて行うのはとても大変ですし、お身内の方も悲しむ暇も、故人を偲ぶ余裕もなく、納得のいくお別れができるわけではありません。

 

そこで『本葬(社葬・お別れ会)』を執り行うことを前提に、『密葬』としてまず小規模な通常のお葬式を行って、火葬までを済ませてしまうかたが多いのです
その場合には、『本葬』は『骨葬』として執り行われます。

 

こうして、密葬〜本葬を分けて執り行うことで、ご遺族は、故人をきちんと見送ることができ、さらに本葬やお別れ会に参列してくださる多くの方のために、時間をかけて失礼のない準備が出来る、というメリットがあります。

 

密葬に必要になる葬儀費用の相場は?

基本的に、密葬は『本葬』を行う前提としての小規模なお葬式です。

 

そこにかかる費用の相場は、家族葬と同義と考えて、関東の一都三県で約115万円と言われています(2017年、帝国データバンク調べ)。

 

一般葬が150万円と言われており、執り行い方は一般葬と同じで、ただ人数を絞って親しい方たちに限るとした場合に、食事や返礼品の数が少なくてこの程度に収まるものだと考えましょう。
パック料金になっている場合、お花や祭壇がシンプルになっているときにオプションをつけたら、密葬とはいえ、それなりの金額になります。

 

密葬も、ごく普通のお葬式なのです。
また、社会的に本葬を行うことを前提とした地位にある故人さまの場合、密葬を最低限の予算で行うケースは少ないのではないでしょうか。

 

恐らく、平均的な金額よりも高額になるスタイルを選ばれることが多いと思われます。

 

さらに、密葬後に本葬やお別れ会・偲ぶ会などを催す場合には、そちらの方が一般の葬儀と同等か、それ以上の費用が掛かることもありますので、注意が必要です。
そのあたりも含めて、密葬を執り行う前に、喪主さま・ご葬家・ご親族と葬儀社の担当者の間で綿密な打ち合わせをして、納得のいくプランを作ることをお勧めします。