無宗教葬(自由葬)とは?どのような特徴があるの?費用相場は?

無宗教葬

 

無宗教葬(自由葬)とは、従来のスタイル(式の流れや演出、祭壇や装花のありかた、そして宗教系の司式者)にとらわれない、そんなお葬式です。

 

日本では、従来のお葬式には殆どの場合僧侶や神主、牧師といった宗教関係者が司式を執り行うのが自然な成り行きとされてきました。
しかし、近年はそうした宗教に対する意識が変わりつつあります。

 

以前のように日常生活の中で密接に信仰を持たず、それを拠り所としない方も増えてきています。

 

 

無宗教葬(自由葬)の特徴

宗教に重きを置かず、故人さまの好きだったものを並べて見送りたい、という希望される喪主さまやご家族、そして生前、エンディングノートなどでそうした遺言を残される故人さまも増えています。

 

たとえば、故人さまがお好きだった音楽を流して時間いっぱい棺の周囲で思い出を語り合うとか
ご家族や身近な方が餞に楽器の演奏などをされたり。

 

故人さまの趣味の作品や、大好きだったもの、懐かしい写真などをディスプレイしてわいわいと楽しく過ごされるとか。

 

お食事も従来の精進料理だけでなく、茶話会のようなスタイルで故人さまのお好きだったケーキを召し上がるなど、やり方は様々なのです。

 

無宗教葬に対応してくれない葬儀社もある?知っておきたいメリット、デメリット

一般的なスタイルの葬儀で“無宗教”というのであれば、基本的にはほとんどの葬儀社が対応してくれるものと考えます。

 

しかし『自由葬』の場合、例えば、喪主さま・ご遺族のご意向があまりの『無茶ぶり』であったときや、ご予算の関係ではすべてのご希望を叶えることは難しい場合もあります。

 

殆どの場合、無宗教葬・自由葬とはいえ、それぞれの葬儀社ではベースになるやり方があり、その流れに従って執り行うことを提案されることと思われますが、会場の使い方やお見送りの仕方など、『全て』をオリジナルで!行いたい、というのであれば、喪主さま側と葬儀社側との間で丁寧な折衝を行う必要が出てきます。

 

自らのために、生前からじっくりと時間をかけてやり方を詰めて計画を立てる方もいらっしゃいますが、その多くはご臨終から葬儀までの限られた時間で全てを決めるというのも難しいものです。

 

近年ではそうした葬儀に特化した葬儀社もありますので、予め探しておくことも大切ですね。

 

葬儀社を決める時には複数から合い見積もりを取ることもできますので、その時にそれぞれの担当者とじっくり話をして、ご葬家のご希望をきちんと叶えてくれる会社を見つけましょう。

 

無宗教葬(自由葬)で知っておきたい注意点

また、故人さま、ご葬家に菩提寺があり、そのお寺のお墓に納骨したい、という場合、無宗教葬を執り行うと、お寺のお墓に入れることが難しくなる場合もありますので、予めそうしたご事情も葬儀社・お寺様にご相談しておくことが大切です。

 

無宗教葬だと費用相場はないの?

無宗教葬と、一般的な葬儀の費用と何が違うのか、その最も大きな差異は司式者(僧侶・神主)へのお布施・お礼がないことです

 

よって、通常のスタイルから大きく逸脱しない無宗教葬であれば、平均的な費用(全国的に120〜150万円程度)よりは安価になるものと思われます。

 

しかし、自由葬として、例えば一般的な祭壇ではなく、棺を取り囲むように供花を飾りたいとか、音楽の生演奏をプロに依頼して、などということになると逆に予算を大きく超えてしまう可能性もあります。

 

やりたいことと予算の折衝を、しかし短時間で行わなければならない、という意味では混乱してしまう可能性が大きいです。

 

こだわりを持って通夜・葬儀・告別式を執り行いたいというのであれば、複数の葬儀社に相談して、やりたいことと、それに関する予算など、その折衝を密に行うことで、希望するスタイルに近い自由葬・無宗教葬が実現できるのです。