【直葬の流れ】火葬のみのシンプルな葬儀だけに費用が安いのが特徴

直葬

 

費用を抑える葬儀の形式としては、直葬があります。

 

経済的な理由で葬儀の費用をなるべく抑えたい、または故人の遺志で葬儀を行ないたくない場合はこの形式を選択することもできます。

 

 

直葬は葬儀を行うために必要最低限の費用で抑えられる

直葬

 

葬儀の形式は大きく2つに分かれます。

 

葬儀告別式を行うものと、火葬と拾骨だけを行う直葬というものです。

 

直葬は、火葬炉の前で親族が少しの間お別れをした後、火葬を行い、拾骨をするという、一番簡略化された形式の葬儀です。
火葬の費用は地域によって違いますが(0〜5万)総額で20万円程かかります。

 

葬儀告別式を行う形式で、自宅などでなるべく簡素に行う場合では40〜50万円程になります。

 

直葬は一番お金のかからない葬儀であると言えるでしょう。

 

直葬するなら知っておきたいデメリットとは?

直接的に火葬場に直行になる直葬ですが、当然ながら葬儀費用を安く済ませることができます。
そこが最大のメリットといっても過言ではないのですが、デメリットもあります。

 

直葬

 

一つはしかるべき方法で葬式をしていない、と言うことがある点でしょう。
親戚などがいないのであればそれを追求される事はありませんから、周りから葬式をしなかった人、と言われることがあります。

 

儀式的なことを殆どしないと言う事になりますから心理的に自分はキチンと供養していないのではないかということを思い悩む人もいます
あまりそのあたりのことを気にしないと言うのであればよいのですが人から何かしら言われたりすることはある場合もあるということです。

 

直葬の場合によくある納骨のトラブルとは?

直葬

 

直葬では自分たちが基本的に納得しているのであれば問題になることはないのですが、納骨の際にトラブルとして起こりやすいことがあります。
特に菩提寺などがある場合において、葬式をしない、ということで納骨のときに何かしら言われることがあります。

 

そもそも檀家であるということは葬式などのときにそこの寺から住職を呼んでと言うことがある意味では約束しているような状況となっています。
しかしお坊さんを呼ばず直葬をしたわけですからそれについて何か言われることがあります。

 

改めて寺のほうで儀式をしましょう!と言われることもあります。
結果的に費用がかかりお金がかからない葬儀として直葬を選らんだはずなのに追加料金の発生にもなりかねません。

 

改めて寺で儀式をと言う事まで言われなくても納骨の時に何かしらすると言う事はありますから、覚悟はしておいたほうがよいでしょう。
かなり厳格な寺ではそういうやり方では、納骨を拒否することもあるくらいなのです

 

直葬はどこの葬儀社でも対応してくれる?

直葬

 

確実にどこでもと言うわけでもないのですが直葬は多くの葬儀社が対応してくれます。

 

直葬は通夜式や告別式などを行わないものでありそのまま火葬場へと言うような形になります。
ですからはっきりといってしまうと葬儀社にあまり利益がないものであるといえます。

 

葬儀社の儲けが少ないという現実的な理由から直葬プランを請け負っていないところも事実あるので事前確認はするようにしましょう。